よもぎ蒸し -びわ-

びわ

びわ

和名は「びわ」
生薬名は「枇杷葉(ビワヨウ)」

 びわについて

びわ

今から3000年も昔、インドで「びわの葉や枝、茎、根には大きな薬効があり、どんな病苦も癒す」と教典に 書いてありました。

びわは、「薬木の王様」「大薬王樹」と呼ばれていました。

日本にびわの木が入ってきたのは、弥生時代の頃と推測されていて、その後奈良時代になると びわの葉療法の知識が本格的に伝わり、仏教医学のひとつとして広まりました。
江戸時代になるとびわの木は「医者いらず」と言われるようになりました。びわの葉療法は歴史の長い 自然療法ですが、現在は化学的は研究により、びわのはに含まれる様々な薬効成分が明らかになっています。

 びわに期待できること

病気の全て。特に治りにくい病気

『ダイエット効果』

『老化を防ぐ効果(アンチエイジング効果)』

『炎症を抑制する効果(リウマチ・アトピー性皮膚炎・花粉症など)』

びわの葉に含まれているタンニンやアミグダリンには殺菌作用があります。 びわの葉を入浴時に湯船に入れたり、煎じた液を湿布などの外用薬として使用すると細菌の増殖が抑制され、 あせもや湿疹、肌の炎症の予防・改善に効果があるといわれています。

『肩こり・腰痛』

『便秘や下痢などお腹の不調を予防する効果』

『疲労回復・滋養強壮』

『ガン予防』

『むくみ』

PCサイトへ